Costing_経理業務理解_全体の仕事・毎日の仕事

基礎からしっかり学ぶぞ!

 

その前に大前提。

「主要簿」といわれる帳簿です。
・仕訳帳...取引を日付順に記録する帳簿。
・総勘定元帳...仕訳帳の内容を勘定科目ごとに転記する帳簿

◎「補助簿」の種類と役割

会社の業種や規模などにより、上記の主要簿の他に、以下の「補助簿」といわれる帳簿を利用しています。
・現金出納帳...日々の現金の収支を、詳細に記入してまとめたもの
・預金出納帳...銀行別・口座別に各種の預金口座の収支をまとまたもの
・商品有高帳...商品別に受け入れ、払い出し、残高をまとめたもの

・仕入先元帳...仕入先別に、仕入高、買掛金の残高をまとめたもの
・得意先元帳...得意先別に、売上高、売掛金の残高をまとめたもの


・仕入帳...日々の仕入高、戻し高、仕入値引きなどの詳細を記入してまとめたもの
・売上帳...日々の売上高、戻り高、売上値引きなどの詳細を記入してまとめたもの

・受取手形記入帳...1枚ごとに金額、支払期日、種類、番号、支払人などの詳細を記入したもの
・支払手形記入帳...1枚ごとに金額、支払期日、種類、番号、受取人などの詳細を記入したもの

 

・仕入先元帳...仕入先別に、仕入高、買掛金の残高をまとめたもの

買掛金元帳


・得意先元帳...得意先別に、売上高、売掛金の残高をまとめたもの

売掛金元帳

 

ここからはじめ!

参考図書:先輩がやさしく書いた「経理」がわかる引き継ぎノート

 

 

 

先輩がやさしく書いた「経理」がわかる引き継ぎノート

 

 

1,そもそも経理の仕事。⇛6つに分類される。

①売上と売掛金:売上・売掛金管理

◆出荷基準か、納品基準か、検収基準か、回収基準か、とにかく届いたと認めてもらったら、

請求書を発行して、

⇛売上帳に売上の仕訳を計上ー振替伝票

⇛得意先元帳ー売掛金元帳に転記する。

 

◆入金予定の日がきて入金されていたら

⇛売掛金の消込ー売掛金元帳

⇛仕訳を計上ー振替伝票

 

②仕入と買掛金:

・仕入れ・買掛金管理

◆発注したものが届いた or 検収がおわったら、

請求書と納品書を受け取って、

⇛仕入帳に仕入れの仕訳を計上ー振替伝票、

⇛仕入先元帳ー買掛金元帳に転記する。

◆受領した請求書をもとに支払の振込んだら、

⇛買掛金の消し込みー買掛金元帳から

⇛仕訳を計上ー振替伝票

 

・経費・未払金管理

 

③財務と会計:

・現金の管理

・預金の管理

・手形の管理

・仕訳の管理

・ファイリング

#税務調査の対象期間は3年が多い

#保存期間は会社法と法人税法による

・月次決算

・年次決算

 

④資産管理

・在庫

・固定資産

・償却資産申告

 

⑤労務(これは総務・人事がやる会社もおおそう)

・給与計算

・賞与計算

・年末調整

・厚生年金、社会保険

・労災保険、雇用保険

・入退者手続き

 

⑥税務

・源泉所得税

・法人税

・住民票

・事業税

・消費税

・印紙税

 

【実務】

請求書・納品書・領収書

仕訳帳に記載

総勘定元帳

補助元帳に転記

試算表作成

決算書作成

 

【システムがあるので】

請求書・納品書・領収書

仕訳を入力する。

自動で

・総勘定元帳

・補助元帳

・試算表

・PL,BSができる。

 

1日のスケジュール

AM

・手提げ金庫の用意

・現金の出金(手提げ金庫から出金する)

・普通預金通帳の入出金確認

・小切の手受取(受け取ってから10日以内にすぐにいく、不渡りの予感)

・振込手続き(ネットで行う)

 

PM

・手形の受取(日が決まってるので忘れないように)

・仕訳作成(入力)

・残高確認・実査(金庫の中の残高と現金出納帳の残高との突き合わせ)

・普通預金残高の確認

・ファイリング

・手提げ金庫返却

 

感想

・日々これを繰り返すのは根気のいるしごとだなぁ。

・意外とアナログな仕事が多い。

・本の中では現金の扱いについてふれているけど、今は宅配便を法人契約にして、経費はシステムで管理すれば現金の扱いを起こさず毎日お金数えるのは不要なのでは。

・更に普通預金通帳はネットで確認できるし、手形等もいまどきつかうのか?と考えると、もしかしたら現代の経理のひとの1日とは少しちがうのでは?と思ったり。

 

気になったので調べた。使うのか…。

b.pasona.co.jp